スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくのご主人様!? 鷹野祐希 

富士見ミステリー文庫のライトノベルです。

高校3年生の市川吉朗は、初恋の相手で幼なじみの少女麻琴と数年ぶりに再会。麻琴が女たらしで有名なナンパ師・貴志に狙われていると知り、奮起して立ち上がろうとしたした矢先、神社の階段から転落してしまいます。

事故から目覚めた吉朗は自分がメイド姿の女の子になっていることに気づきます。

吉朗は“吉香”という巨乳メイドになっていて、しかもご主人様は麻琴にソックリな佐倉真琴という少年だった。


吉朗が迷い込んだ平行世界はもといた世界と男女の性別が逆になっていて、明治大正の時代のごとく貴族・華族の階級制度がある世界。メイドの設定をもってくるのは流行りですが、これは設定上手に使ってますね。

ぼくのご主人様!?
鷹野 祐希
4829163380
スポンサーサイト

コメント

はじめまして。これ良いっすよねー。まだ全部読めていないのですが。

こんにちは。この本とても面白かったです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pokara.blog10.fc2.com/tb.php/91-5fe8d129

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。