スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おれがあいつであいつがおれで 山中恒 

思春期の中学生の男の子と女の子の体が入れ替わってしまったら・・・。

このブログをチェックしててTSモノが好きな人ならまず知っているであろう、大林宣彦監督の映画『転校生』の原作がこれです。

この夏に同じ大林宣彦監督によってリメイク版が『転校生-さよならあなた-』として公開予定。

で、原作の文庫も映画にあわせて新装版が発売された次第。


この原作、じつは児童書なんでしょうね。登場人物も中学生でなく小学6年生だったりするし。

体が入れ替わってしまう状況を、性への目覚めや憧れに上手く繋げて表現されてると思います。

でも、今読み返すとちょっと時代を感じるかなぁ。。
おれがあいつであいつがおれで (角川文庫 や 6-2)
山中 恒
4041417031

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pokara.blog10.fc2.com/tb.php/168-0badd5c5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。