スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ざ・ちぇんじ! 山内直美/氷室冴子 

たぶん大分古い漫画になってしまうのですが、氷室冴子さんの原作を少女漫画化したもので、平安時代モノのお話。権大納言家に生まれた異母姉弟は立派な若君と美しい姫君に成長します。ただ、若君は実は姉で姫君は弟だった・・。
姉の「綺羅君」は男の子のするような格好が好きなだけですが、弟の「綺羅姫」は難産で生まれたときに母親の夢枕に立った仙人から「姫として育てればつつがなく成人する!」とのお告げを受けての「姫君」です。

姉はプチ家出したおりに帝に裸を偶然見られてしまい、帝はその姿に一目惚れ。弟の「姫君」と勘違いしてしまい・・「綺羅姫」に近づこうと双生児の「綺羅君」を出仕させます。が・・・あまりに「綺羅姫」そっくりな「綺羅君」にも心を動かされてしまいます。て、本人だから当たり前ですね(笑)




絵柄も古いと感じるのはしょうがないし、話自体もドキドキするような展開はあまりないのかも知れませんが、こおゆうの入り口にして古典に興味を持つ様になる子がいるかも・・?と妙に教育的なこと考えちゃいました。

余談だけど古典に現代語訳は必要だと思う。せっかく面白い物語があっても読み手に伝わらないと意味が無いし、読者にスキルを求めるのは間口を狭めちゃいますからね。

もともとの原作は『とりかえばや物語』という平安時代のお話で、時の左大臣の家に生まれた美しい二人の子供、恥かしがりやで女性的な若君と活発で男性的な姫君が、その成長と性格を心配した父親の一計によりそれぞれ女装、男装して生きていくことになるという王朝絵巻です。

平安時代に成立した物語みたいで昔から日本人てこーゆう話が好きなんですね~

ちょっと安心しました(笑)

ざ・ちぇんじ! (第1巻)
山内 直実
4592882091
thachange01.jpeg


こちらは小説版です。

ざ・ちえんじ 前編―新釈とりかえばや物語 (1)
氷室 冴子
4086105381


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pokara.blog10.fc2.com/tb.php/13-b8344e56

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。