スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イズナ 柴田昌弘珠玉作品集  柴田昌弘 

短編集の中で表題にもなっている「イズナ」が該当です。

サッカー馬鹿少年・神薙峻介は高校生。本当はサッカー部に入りたいのに認められず鬱屈している。幼なじみの少女・緋沙子はその容姿と明るい性格で新入生のアイドル的存在。

駿介は何かと口うるさい緋沙子を疎ましく思っていて、ある日も「サッカーしか脳がない」と罵倒されて、ムカムカときてしまう。

神主の家系に生まれた駿介は、すでに廃された自分の神社へと向かい隠された呪具へと近づく・・・。

amazon 人気のコミックセットはこちら・・・
呪具に誘惑された駿介は、突然に幽体離脱してしまい、その魂は緋沙子の体に入ってしまいます。
060922_215733.jpg

目が覚めたら緋沙子になっていた。


緋沙子になって鬱憤を晴らそうとしていた駿介ですが、いかに緋沙子が自分のことを考えてくれていたかを知ることになり、自分の浅はかを後悔します。

幼馴染の女の子に憑依するという設定はいいですね。そのことで相手の気持ちを初めて知るというのも少年マンガの主人公的でいい気がします。

惜しむらくは短編だってことでしょうか。

イズナ―柴田昌弘珠玉作品集
柴田 昌弘
4253240100
izuna01.jpeg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pokara.blog10.fc2.com/tb.php/127-d3c45a58

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。