スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるごと杏樹学園 ? 天津 冴 

代々妖怪を従える家系に生まれたのに主人公(男子)伽峨覚夜(かが・かぐや)は大の妖怪嫌い。

心配した母親の策謀によって全寮制の「杏樹学園」に転校することに。この学園は女子高だったので、主人公は女装して学校に通わないといけないことに・・・

「杏樹学園」というのは女の子の妖怪が生徒で通う学校で、「座敷わらし」やら「九尾の狐」「カラ傘オバケ」etcの女の子が続々登場。

「ボクが男の子だってもしバレたら、食べられちゃうに違いない!?」
女装がバレて妖怪に喰われやしないかドキドキする主人公が女の子妖怪に迫られるハーレム状態ラブコメ。
続きを読む
スポンサーサイト

ぼくのご主人様!?(2) 鷹野 祐希 

前作で神社の階段から落ちて、異世界でメイドになってしまった主人公吉朗(吉香)はきっちり元に戻ってしまったので、今回の主人公は佐倉家で働くメイド千広。冷静沈着で有能なメイドだが実は元男。

吉朗と同じく石段から転げ落ちは違う世界の自分「千尋」という女の子と入れ替わってしまったのだ。


続きを読む

愛の新大陸 山田 也 

高校生・二子玉草平はれっきとした男の子。子供の頃からずっと男の子の格好でいることを我慢してきた草平。

転校を機に「沙良」と自称して女の子として学校に行くことに。
続きを読む

ライアー・ガール 

コント赤信号のラサール石井が作・演出、主演が小池栄子の舞台「ライアー・ガール」です。共演は持田真樹、岡田浩輝、森山未來など豪華配役じゃないでしょうか。

おもちゃ会社の社長をしている冴えない中年男・近藤は不思議な老婆に怪しい薬を手渡されます。
「若返りの薬だよ。目が覚めたら30才は若返っているよ」

翌朝、近藤は本当に若返っていて、驚いたことに、「完璧な女」になっていた。しかもナイスバディ・・
続きを読む

ぼくのプリンときみのチョコ 後籐みわこ 

今回は児童書です。しかし内容はイメージしてる児童書の世界をオーバーランしてると思う・・

晴彦は中学二年生。クラスメイトの志麻子と、幼なじみの真樹を誘って、テーマパークへ出かけます。そこで「なんでも願いを叶える」というイベントによって、真樹と志麻個子の身体に変化がやってきます。

真樹の胸が徐々に膨らんでいき、志麻子のバストは平らになっていく。なんと二人はお互いの胸が入れ替わってしまったのだ。


晴彦は、真樹の女性化した胸に気づいて触りたい気持ちが抑さえられずに・・・
続きを読む

かしまし? 桂 遊生丸/あかほりさとる 

墜落した宇宙船に巻き込まれ、宇宙人の手により一命は取り留めたものの再生時のミスにより性別が変わってしまった高校二年生・はずむ。

男性から女性になってしまい、はずむの日常は大きく変わっていく。

事故の前に告白した少女・やす奈。幼馴染ではずむのことが密かに好きだった・とまり。そして、突然に女の子として暮らすことになった・はずむの三人が織り成す複雑な三角関係を描いた2巻目です。
続きを読む

おいら女蛮 永井 豪 

相当昔に「週刊少年サンデー」に連載されてた永井豪原作のマンガ。その実写映画になった作品です。女の子に間違われたため、女子校に入学してしまった問題児・女蛮子の活躍を描いています。

以前にも武田真治がセーラー服で熱演してたのがありましたが(色んな出演者のなかでも原田大二郎の怪演が最高です!)
今回の女蛮子は女の子(亜紗美)が演じています。

女蛮子(すけ・ばんじ)は不良高校生。暴力事件で学校の転入・退学を繰り返していた。本人には悩みがあり、自分は正真正銘の男なのに、黙っていると顔が美少女のように綺麗なので女子に間違われること。

蛮子はけんかを繰り返すのはそんなコンプレックスの裏返し。

暴力沙汰を繰り返す息子に対して父親・蛮角(ばんかく)は、最後の手段に「儀亜留(ギャル)学園」に蛮子を女子高生として転入させてしまいます・・。
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。